晴耕雨読

今週、有給休暇を取得して乗馬に行こうと思っていたのですが、あいにくの雨だったため、家でみかんと過ごしていました。

晴れた日には外で田畑を耕し、雨の日には屋内にこもって本を読む。

20160621_mikan_win.jpg

みかんはいつものように寝ていただけですけどね(笑)
そういう自分もたっぷりお昼寝しました。



そろそろ一口馬主の2017年度の1歳馬募集が始まる時期です。

もう一口馬主を辞めようかとも思っていたのですが、もともと競馬が好きでデビュー前の馬の血統を見ながらあれこれ考えるのが好きなので、やはり気になって見てしまいます。

この雨の平日休みに、シルク以外の馬を見てみようと、キャロットクラブ(にんじんクラブ)を見ようとしたのですが、まだラインナップが発表されていません。

やはりうさぎ好きとしてはにんじんクラブに入っておくべきなのでは、というみーままの意見もあるのですが、去年はフェルミオンの2015(父ノヴェリスト)に申し込んで当選しませんでした。それでも今年もカタログだけは、とりあえず請求してみようと思っています。

さて、それ以外のクラブについて、サンデーや社台、ラフィアンやウインなどの馬を見てみました。そして予算的に手が届きそうでものすごく気になる馬がウインレーシングクラブに1頭いました。

その馬の入厩予定厩舎は宗像義忠厩舎。なんとシルクで出資している2歳馬「モノドラマ」と同じ厩舎です。

ちなみに「モノドラマ」は、以下の記事に登場している「タイトルパートの2015」のことです。



厩舎を気に入っているわけではなくても、なぜだか同じ厩舎の馬に出資していることが多いと最近気づきました。そして厩舎はものすごく大事なので、相性が悪い厩舎への出資は控えようと考えるようになりました。

6/25(日)の東京競馬場の新馬戦に、モノドラマが出走することが急遽決まりました。

この采配は宗像先生によるもので、先々週まではデビューが遅くなるとのことでしたが、先週の追い切りの動きの良さと、トモのハマりが遅く前半モタモタするだろうから広い東京競馬場の方が合うだろうということで、当初の予定を早めての出走となりました。




そして本日 6/25(日)、久しぶりに東京競馬場に行ってきました。

20160625_tokyo_horce_race.jpg


なかなか愛馬が東京競馬場で出走する機会がなくて、3年振りの訪問となりました。

愛馬の新馬戦を見るのは久しぶりのこと。

パドックにモノドラマが登場します。

20160625_monodorama.jpg


ツアーでふれあったとき以来の再会です(遠くから見ているだけですが)。初のレースでも落ち着いて周回をしています。ぼくの方が緊張してしまいました。


ついでに藤田菜七子騎手も撮ってみました(^^)

20160625_nanako.jpg


レースの結果は5着。トモがハマらずもたつくだろうというレース前のコメント通り、後ろからの競馬になりましたが、最後の直線ではメンバー中最速の上がりを繰り出して掲示板を確保しました。いい内容のレースだったと思います。丸田恭介ジョッキーに調教でもレースでも乗ってもらえて、競馬を教えてもらえているのがとてもいいと思います。これからもすごく楽しみです。

というわけで、宗像義忠厩舎に入厩予定のウインレーシングクラブの募集馬への応募を前向きに検討してみようかと思います。

ウラカワミユキを偲んで

渡辺牧場のウラカワミユキが2017年6月2日に亡くなりました。

36歳まで長生きすることができたミユキちゃん。渡辺牧場で愛情をたっぷり注がれて大事にされて、健康で長生きすることができました(養老牧場としての飼育方法の適切さもあったと思います)。

miyuki_chan_20170611.jpg

この写真は去年の秋、牧場に伺ったときの写真で、ブログに載せていなかったものです。

右目の傷を保護するためにメンコをしていましたが、毛艶がよくて体の張りもよくて、35歳とは思えない若々しさでした。

思い切って浦河まで行って、元気なミユキちゃんに会うことができてよかったです。

心からご冥福をお祈りします。

日本ダービー 2017

先週、図書館で予約していた本がやっと届き、昨日ちょうど読み終わったところです。

『絆~走れ奇跡の子馬~』

20170528_japan_derby.jpg



震災の日に福島の相馬で産まれた「リヤン」(絆)が競走馬として成長しダービーを目指す、馬と人との絆を描いた物語。

ドラマでやっていたのとは内容が違い、とてもよかったです。

(注:ダービー馬キズナのお話ではありません)




さて、今日のダービーに向けて、いろいろな人の予想を参考にしました。


注目していた競馬コンシェルジュ栗山求の血統予想の本命はアドミラブルでした。


その前に放送していた、BSイレブン競馬中継では岡田繁幸マイネル総帥が以下の5頭を上げていました。

 ・アドミラブル
 ・アルアイン
 ・サトノアーサー
 ・スワーヴリチャード
 ・ペルシアンナイト


テレビ東京のウイニング競馬の予想では、キャプテン渡辺の本命はベストアプローチ、ジャンポケ斉藤の本命はクリンチャー、原良馬その他のみなさんはスワーヴリチャードにグリグリの二重丸。


普段は見逃すグリーンチャンネルのトラックマンTVも今週は視聴しました。その中でいちばん光っていたのは宮川一朗太の予想。他の誰よりも生き生きとした説得力のある予想で、ぼくの言いたかったことをすべて代弁してくれているようでした(笑)


その中でも、ぼくが知らなかった真新しい内容は、


①2000m以上のレースで後半1000m57秒台

このラップを刻んで勝てる馬は、

 ・ディープインパクト
 ・キングカメハメハ

など超ド級の名馬。

アドミラブルの青葉賞のラスト1000mは57.8秒と驚異的。



それ以外でぼくの代弁をしてくれた内容は、


②ダービージョッキーは30代以上から

ダービーはプレッシャーのかかる大舞台。武豊ですら29歳のときに初勝利。ミルコ・デムーロの24歳はJRA所属外の外国人ジョッキーだったので別扱い。アルアイン松山弘平は27歳とまだ若い。



③大外枠でも勝てる

 1991 トウカイテイオー
 1994 ナリタブライアン
 2001 ジャングルポケット

大外枠で勝利した名馬たち。ぼくの記憶の中でもこれらの名馬が思い浮かぶので大外枠だって大丈夫じゃないかと思っていた。ミホノブルボンだって7枠15番で逃げ切っているし。



④青葉賞組はダービーを勝っていないが…

これについては「歴史を塗り替える」と宮川一朗太。20年以上前から「この時期の若駒が府中の2400mを2回走るのは負荷が高いのでダービーは勝てない」と故中島国治氏が言っていたのを参考にしてダービーを予想していたのですが、ずっと痛い目にあってきました…。青葉賞組は勝っていないけどたくさん連対しています。勝ち馬たちが名馬揃いなのです。今年のレイデオロもそうですが、藤沢和雄調教師が青葉賞ローテをやめたのはシンボリクリスエスとゼンノロブロイが2年連続このローテで勝てなかったからなのではないかと思っていますが、それでもしっかり2着にきているのです。

自分が実際に見てきた記憶の中では、
青葉賞1着→ダービー2着馬そのときのダービー1着馬
レオダーバントウカイテイオー
エアダブリンナリタブライアン
シンボリクリスエスタニノギムレット
ゼンノロブロイネオユニヴァース
アドマイヤメインメイショウサムソン
ウインバリアシオンオルフェーヴル
フェノーメノディープブリランテ

1着馬がとにかくすごい。錚々たるメンバーです。タニノギムレットとディープブリランテ以外のダービー1着馬は、2冠馬 or 3冠馬。
タニノギムレットは2冠馬に匹敵する強さ。ディープブリランテはフェノーメノに鼻差での勝利。
今年のアドミラブルならば、その差を覆すことができるかもしれません。

というわけで、ぼくの今年のダービー本命馬はアドミラブル。

発走は15:40。楽しみです。


(2017/5/28 19:00 追記)

続きを読む

オークスにちなんで

2017年5月21日(日)、今日はオークスでした。

今年のオークスはフランケル産駒のソウルスターリングが快勝しました。

関東の雄、藤沢和雄調教師は意外にもクラシックを勝ったことがなかったようで、これが初のクラシック制覇になります。

前日の競馬コンシェルジュで栗山求が、ヨーロッパでのフランケル産駒の距離別連対率は
  • 7〜9ハロンでは32.1%
  • 10ハロン以上は45.8%
8ハロン前後よりも10ハロン以上の方が連対率が高いと言っていたのを聞いて距離は気にせず本命にして馬券は少しだけ当てました。

最近、栗山求の血統予想に注目しています。桜花賞ではダイワメジャー産駒に、ヴィクトリアマイルではメイショウサムソン産駒に注目して見事に連対していたので、オークスの血統予想も注目していました。来週のダービーの血統予想にも注目したいです。

さて、つい最近 iOS が2014年のオークスのときの写真のスライドショーをメモリーに作成してくれました。


【府中市 2014年5月25日】(32秒)



この年のオークスには愛馬ベッラレジーナが出走したので応援に行っていました。スライドショーはそのときのものです。ハープスターが断然の一番人気で、パドックではベッラレジーナとハープスターの写真ばかり撮っていました(でも勝ったのはヌーヴォレコルト…)。

さて、そのベッラレジーナは今年引退して、社台グループのお膝元のノーザンファームで無事に繁殖牝馬になることができました。

これでベッラレイアの産駒が我が家の持ち馬からいなくなってしまいました(ちなみにベッラレイアは2007年のオークスを1番人気で鼻差2着した馬です)。そこで去年のツアーでいちばんの美人だった馬、ベッラレイアの2015ことカラレイアに1口出資してしまいました(カラレイアについて書いた記事はこちら)。

IMG_4800.jpg


ベッラレジーナのときみたいに、カラレイアもまたオークスに出走できることを夢見て、応援したいと思います。

乗馬再開3〜4鞍目(ウイングスオブヒロ、ジャズジェイシー)2017/5/2(火)

ゴールデンウィークの谷間の平日、5月2日(火)に乗馬に行ってきました。

前回の乗馬から2週間ほど経っています。これくらいの間隔で通えれば前回やったこともおぼろげながら少しは覚えているでしょう!?

1鞍目はウイングスオブヒロ(牝・栗毛)。

気合を入れて馬房から洗い場に連れてこようと思ったら、すでに洗い場につながれていました。

体高の高い栗毛の牝馬です。

wings_of_hiro.jpg


換毛期なのか、ブラッシングをすると毛が抜ける抜ける…。うちの栗毛のネザーランドも今の時期はブラッシングをするといくらでも抜けるので、こんなもんだろうと適当なところで切り上げて馬装を行います。馬装はスムーズにはできなかったけど前回よりはマシになったでしょうか。

この1鞍目の部班で、軽速歩の手前合わせができるようになりました。指導員さんの教え方がすごくいい。

「内側の肢が着地したと同時に立ち上がる」

今までいろいろな方法を教わったり本で読んだりしましたが、この教え方が自分にとって一番しっくりきました。

1鞍目が終わっても前回のように気持ち悪くはならず、食事を取れるくらいの余裕はありましたが、水分補給とその他もろもろの準備をして2鞍目に備えます。

2鞍目はジャズジェイシー(牝・栗毛)。

なんと右目が真っ赤で目から何か垂れている。大丈夫なのか聞いてみると、もともとこんな感じで右目が見えないけど大丈夫とのこと。せめて目薬をさして右目にブリンカー付きのメンコでもつけてあげれたらいいのですが。

ところが隻眼だけどこの馬はすごい。右回りも左回りも大丈夫。反応がよく、元気よく常歩、軽速歩もすぐ出ます。

この2鞍目のレッスンでは正反動をやりました。でも前回2週間前にやったときのようにはできません。どうにも鐙がつま先から外れて深く踏み込んでしまいます。うまくバランスが取れていないようです。

2鞍目が終わり、ジャズジェイシーの馬装解除と手入れをして馬房に戻します。馬装解除と手入れはやり方を思い出しながら丁寧にゆっくりやりました。やはり換毛期なのか毛が抜ける抜ける…。

ゆっくりやりすぎたせいか自分がいちばん最後まで洗い場に残っていたようで、馬房に戻るとすでに飼葉桶が置いてあり、無口頭絡を外す前にジャズジェイシーはむさぼり食いはじめました。うちのみかんと同じで待てができません(笑)

juzz_JC.jpg


ちなみに、1鞍目のウイングスオブヒロは地方で4勝、中央でも500万下で2着3着入着多数で武豊や横山典や岩田に乗ってもらったことがある、桜花賞馬シャダイカグラの孫にあたる馬です。2鞍目のジャズジェイシーの競走馬時代についてはわかりませんでした。

次回もあまり間隔を空けず、完全に感覚を忘れてしまう前に、また乗馬に行けたらいいなと思います。

A Horse's Prayer
馬の祈り
プロフィール

(↑クリックすると口取り写真)

Author:やたん
妻とうさぎとの3人暮らし。
馬、うさぎ、お得(ポイント貯めたりとか)が好きです。
紹介ポイントを稼いで
引退馬のために使うことを目論んでいます(笑)。

(↑クリックすると拡大します)
うさぎ:みかん
性格:甘えん坊、好奇心旺盛、食わず嫌い
種類:ネザーランドドワーフ
性別:女の子
色:オレンジ
体重:1キロ未満
好きなもの:おやつ
趣味:登山(常に高みを目指しています)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
書籍紹介
馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録~
馬の命を守れ!
~引退馬協会活動記録~
認定NPO法人 引退馬協会
税・送料込
¥1,800

自費出版・書店取扱なし
認定NPO法人引退馬協会2017年フォスターホースカレンダー
2017年
フォスターホース
カレンダー
認定NPO法人 引退馬協会
税込
¥800
送料
¥100

好評発売中!
フォスターホースの
生き生きした表情を
捉えました。















ポイントサイト紹介
愛馬出走予定
現役愛馬一覧はこちら
  • モノドラマ
6/25(日)12:15 発走
東京 5R 2歳新馬 芝1,800m
丸田恭介
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR