書籍紹介:優駿(宮本輝)

IMG_8122.jpg

1986年に発行された宮本輝の小説。

競走馬「オラシオン」と、それを取り巻く人々たちの物語。

オラシオンが生まれてから成長していく過程を軸に、物語は語り手を変えて進んでいきます。

オラシオンの生産者(の息子)渡海博正。
和具工業社長でオラシオンの馬主、和具平八郎。
その娘でオラシオンを譲り受けた和具久美子。
社長秘書でオラシオンの名付け親、多田時夫。
ジョッキーの奈良五郎。

それぞれが主人公となり、ひとりひとりの人間ドラマが一章ずつ展開されていきます。

それぞれの思いを乗せてオラシオン(スペイン語で「祈り」)は走り、終章では日本ダービーに挑みます。





僕がまだ高校生だったときに読んだ作品を再び読んでみました。

同じ作品でもやはり大人になってから読むと感動の深さが違います。

当時よりも競馬や血統のことを知っていて、北海道の牧場見学に何回か行ったことがあるので静内の風景を思い浮かべて読むことができたのも、感慨を深くした一因だったと思います。

この作品は人間を描いたドラマであるのと同時に、競馬の世界がリアルに描かれていて、非常に完成度が高いと思います。

ただし、現在の競馬ファンが読むのであれば、今から35年以上前の関東馬が強くて関西馬が弱かった「東高西低」時代のお話だということを頭の片隅に入れておくとよいかと思います。

あと、種付料は不受胎だろうが流産しようが全額支払いというリスクの高い時代でした。いまでは受胎条件(受胎確認後の支払い)、出生条件(正常に出生後の支払い)、前納・不受胎時全額返還などのリスクを回避できる支払い方式になっています。

また、社台ファームが吉永ファームとして、故吉田善哉氏が吉永達也として、吉田照哉氏が吉永哲也として、吉田勝己氏が吉永克之として、ノーザンテーストがセントエストレラとして登場します。

これらのことを知らなくても、競馬をあまり知らない人にでも、お勧めできる感動の長編小説です。

なお、僕は映画を見ていませんが、もしもリメイクで実写化するならば、多田時夫役を高橋一生にやってもらい、友人の佐木多加志役を岡田准一にやってもらって最後のセリフを決めてもらえたら、こんなにうれしいことはありません。



ここから下は、オラシオンの血統などについて(ここからはちょっとマニアックなので血統に興味のないかたはスルーしてください)。

オラシオンは架空の馬です。父ウラジミールと母ハナカゲも架空の馬です。オラシオンは青毛の牡馬で、幼少期は「クロ」と呼ばれていました。

オラシオンの父ウラジミールはスピードとスタミナを併せ持つ大種牡馬です。オラシオンはウラジミールそっくりの真っ黒な馬だと当歳時に評されています。

オラシオンの母ハナカゲは桜花賞6着、オークス2着、エリザベス女王杯(当時は秋華賞ではなくこのレースが牝馬3冠目のレース)では1番人気でしたが不利を受けて7着と、牝馬クラシック路線で活躍しました。

ハナカゲの母父はマッチェム系で、ハナカゲの四代前にウォーアドミラル、五代前にマンノウォーがいます。最初に渡海博正が和具久美子に話した『名馬・風の王』ゴドルフィン・アラビアンはこの系統のことです。

これとは別に、ウラジミールの二代前の父にモンパルナス(架空の馬)がいて、ハナカゲの三代前の父にもモンパルナスがいるので、オラシオンはモンパルナスの3×4のクロスを持ちます。

このモンパルナスは「フランスの馬なのに、イギリスのダービーに遠征して勝った」と渡海千造が述べていますが、何系のどんな血統の馬なのかは、全編通してもわかりませんでした。

「ハナカゲはボールドルーラー系で、ウラジミールはプリンスリーギフト系」と吉永達也が和具久美子に話しています。ところが、ボールドルーラーとプリンスリーギフトの父はナスルーラです。この系統を組み合わせると、必然的にナスルーラのクロスが発生します。『優駿』第一章は1982年に連載されており、その当時のサイアーランキングを見るとプリンスリーギフト系の種牡馬もボールドルーラー系の種牡馬も直仔が多いです。直仔の場合、ナスルーラの3×4が発生します。

1982年度サイアーランキング(JBIS Search より)
1位.ノーザンテースト(父ノーザンダンサー)
2位.ファバージ(父プリンスリーギフト)
4位.テスコボーイ(父プリンスリーギフト)
7位.ハーバー(父プリンスリーギフト)
12位.ボールドコンバタント(父ボールドルーラー)
13位.ダストコマンダー(父ボールドコマンダー、父父ボールドルーラー)
17位.キタノカチドキ(父テスコボーイ、父父プリンスリーギフト)
20位.ボールドアンドエイブル(父ボールドラッド、父父ボールドルーラー)
23位.ステューペンダス(父ボールドルーラー)
25位.フロリバンダ(父プリンスリーギフト)
36位.トウショウボーイ(父テスコボーイ、父父プリンスリーギフト)
40位.トライバルチーフ(父プリンスリーギフト)



ウラジミールはサイアーランキング3位なので、テスコボーイかファバージあたりがモデルでしょう(トウショウボーイは種牡馬になったばかりで大種牡馬と呼ぶにはまだ早い時期)。ハナカゲの父がボールドルーラーの孫だとしてもナスルーラの3×5が発生します。

ひょっとしたらモンパルナスはナスルーラをモデルにした馬で、モンパルナスの3×4はナスルーラの3×4のことなのかもしれないと想像しました。しかし、最初に渡海博正が和具久美子に馬の系統について熱く語っているときにナスルーラは実在の種牡馬として登場しているので、モンパルナスとナスルーラは別の馬です。

わかりづらいので血統表にしてみました。


オラシオン(牡)青毛
ウラジミールプリンスリーギフトナスルーラネアルコ
父父父母
父父母父父母父
父父母母
父母モンパルナス父母父父
父母父母
父母母父母母父
父母母母
ハナカゲ母父ボールドルーラーナスルーラ
母父父母
母父母母父母父
母父母母
母母母母父
(ハナカゲのブルードメア・サイアー)
母母父父
(ウォーアドミラル直仔/マンノウォー系/「風の王」ゴドルフィン・アラビアンの系統)
母母父母
母母母モンパルナス
母母母母
四代目までに生じたクロス
ナスルーラ 18.75% 3 x 4
モンパルナス 18.75% 3 x 4

このように、3×4のクロスが2つも発生してしまいます…。
血統表なんて作らなければよかったでしょうか…。

ちなみに、サンデーサイレンスの母母父がモンパルナス(Montparnasse、1956年生まれ、ハイペリオン系)ですが、この実在する馬とは別物です。この馬は英ダービーを勝っていないし、フランスの馬ではなくアルゼンチンの馬なので。

なお、ハナカゲのファミリーラインは優秀です。ハナカゲの四代母は英ダービーで頭差2着した馬で、ヨーロッパをまたにかけて活躍したマネースポンサー(架空の馬)の半姉です。「汚れて薄まって分散する」ことなく、貴重な血脈を残せますように…。



最後に。
この作品を読むきっかけを作ってくれたのは Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデルです。



Kindle は前からずっと気になっていたのですが、百田尚樹や東野圭吾の作品は電子書籍化されておらず、読みたい技術書も電子書籍が少なく、それでも目が疲れづらくて漫画を読んだり自作本を読んだりできるかと思い購入しました。

しかし、漫画を読むには小さくてページをめくるときにぼやけるのが目に疲れ、技術書を読むにも字が小さすぎて、自作本を読むにも読みづらいので、ヤフオクで売ってしまおうかと思ったのですが、その前に小説を読んでみようと思い、間違いのない名作を読もうと思って「優駿」(宮本輝)Kindle版を購入したのでした。

Kindle Paperwhite はやっぱり小説を読むための端末です。読みやすいし目も疲れないのでとてもよいです。「優駿」は図書館にも置いてあるし中古本も安く出ていますが、Kindle版を購入することでいつでも読めるし場所も取らないというメリットを享受できました。

日本ダービー 2017

先週、図書館で予約していた本がやっと届き、昨日ちょうど読み終わったところです。

『絆~走れ奇跡の子馬~』

20170528_japan_derby.jpg



震災の日に福島の相馬で産まれた「リヤン」(絆)が競走馬として成長しダービーを目指す、馬と人との絆を描いた物語。

ドラマでやっていたのとは内容が違い、とてもよかったです。

(注:ダービー馬キズナのお話ではありません)




さて、今日のダービーに向けて、いろいろな人の予想を参考にしました。


注目していた競馬コンシェルジュ栗山求の血統予想の本命はアドミラブルでした。


その前に放送していた、BSイレブン競馬中継では岡田繁幸マイネル総帥が以下の5頭を上げていました。

 ・アドミラブル
 ・アルアイン
 ・サトノアーサー
 ・スワーヴリチャード
 ・ペルシアンナイト


テレビ東京のウイニング競馬の予想では、キャプテン渡辺の本命はベストアプローチ、ジャンポケ斉藤の本命はクリンチャー、原良馬その他のみなさんはスワーヴリチャードにグリグリの二重丸。


普段は見逃すグリーンチャンネルのトラックマンTVも今週は視聴しました。その中でいちばん光っていたのは宮川一朗太の予想。他の誰よりも生き生きとした説得力のある予想で、ぼくの言いたかったことをすべて代弁してくれているようでした(笑)


その中でも、ぼくが知らなかった真新しい内容は、


①2000m以上のレースで後半1000m57秒台

このラップを刻んで勝てる馬は、

 ・ディープインパクト
 ・キングカメハメハ

など超ド級の名馬。

アドミラブルの青葉賞のラスト1000mは57.8秒と驚異的。



それ以外でぼくの代弁をしてくれた内容は、


②ダービージョッキーは30代以上から

ダービーはプレッシャーのかかる大舞台。武豊ですら29歳のときに初勝利。ミルコ・デムーロの24歳はJRA所属外の外国人ジョッキーだったので別扱い。アルアイン松山弘平は27歳とまだ若い。



③大外枠でも勝てる

 1991 トウカイテイオー
 1994 ナリタブライアン
 2001 ジャングルポケット

大外枠で勝利した名馬たち。ぼくの記憶の中でもこれらの名馬が思い浮かぶので大外枠だって大丈夫じゃないかと思っていた。ミホノブルボンだって7枠15番で逃げ切っているし。



④青葉賞組はダービーを勝っていないが…

これについては「歴史を塗り替える」と宮川一朗太。20年以上前から「この時期の若駒が府中の2400mを2回走るのは負荷が高いのでダービーは勝てない」と故中島国治氏が言っていたのを参考にしてダービーを予想していたのですが、ずっと痛い目にあってきました…。青葉賞組は勝っていないけどたくさん連対しています。勝ち馬たちが名馬揃いなのです。今年のレイデオロもそうですが、藤沢和雄調教師が青葉賞ローテをやめたのはシンボリクリスエスとゼンノロブロイが2年連続このローテで勝てなかったからなのではないかと思っていますが、それでもしっかり2着にきているのです。

自分が実際に見てきた記憶の中では、
青葉賞1着→ダービー2着馬そのときのダービー1着馬
レオダーバントウカイテイオー
エアダブリンナリタブライアン
シンボリクリスエスタニノギムレット
ゼンノロブロイネオユニヴァース
アドマイヤメインメイショウサムソン
ウインバリアシオンオルフェーヴル
フェノーメノディープブリランテ

1着馬がとにかくすごい。錚々たるメンバーです。タニノギムレットとディープブリランテ以外のダービー1着馬は、2冠馬 or 3冠馬。
タニノギムレットは2冠馬に匹敵する強さ。ディープブリランテはフェノーメノに鼻差での勝利。
今年のアドミラブルならば、その差を覆すことができるかもしれません。

というわけで、ぼくの今年のダービー本命馬はアドミラブル。

発走は15:40。楽しみです。


(2017/5/28 19:00 追記)

続きを読む

書籍紹介「鍛えて最強馬をつくる」戸山為夫(著)

1992年の皐月賞、ダービーを無敗で制したミホノブルボン。

そのミホノブルボンの調教師、戸山為夫が病床で綴った遺稿が本になったもの。

以前から存在は知っていたけど、読んだことはありませんでした。

ある方のうさぎブログにコメントしたのがきっかけで、最近になって読んでみたのですが、思っていたよりもはるかによい本だったので紹介させていただきます。いままでこのブログで紹介した中で、いちばん役に立つ本かもしれません。

競馬の調教理論を書いた本というよりは、戸山さんの経験や考えが綴られた自伝的な本で、人として社会人として生きていく上で大切なことは何かを教えられます。

本のタイトルにある「鍛える」というのは、自分を鍛えることなのだと気付かされました。

「己を律する」「窮すれば通ず」
この本に何度か出てきた言葉で、特に「窮すれば通ず」は、この本のタイトルでもよかったのではないかと思うほどでした。

文章が非常に読みやすく、競馬を知らない人でも読めるかもしれません。もちろん競馬に興味のある人、ミホノブルボンの時代を知っている人であればなおいっそう面白く読めるでしょう。

最後に戸山さんは、馬は「畜生でもなくペットでもなくパートナーである」と述べています。日本では馬は「畜生」であり、欧州では馬は「パートナー」であると。このあたりの認識の違いが、引退馬の扱いにも表れているのではないかと思いました。

mikan_saikyousa.jpg
親(やたん&みーまま)が己を律することができていないので、娘(みかん)への躾けができていません…。本から距離を置いています。

川田将雅がダービージョッキーに!

2016年の日本ダービーは川田将雅のマカヒキが勝ちました。
この勝利で、川田将雅は5大クラシック完全制覇となります。

この川田将雅の5大クラシック制覇で注目すべきところは、2008年の皐月賞ではキャプテントゥーレが7番人気、2010年の菊花賞ではビッグウィークが7番人気と、中穴の人気薄で勝っていることです。その後は、2012年のオークスではジェンティルドンナが3番人気、2014年の桜花賞ではハープスターが1番人気と、人気馬に乗れるようになってきました。

しかもこうやって見てみると1年おきに1つずつクラシックを取っていますね。ダービー前に「川田くん、もうあとはダービーを残すのみか。頑張ってほしいな。」と妻と話していながら、マカヒキではなくリオンディーズを本命にしてしまったのは、僕がいかに馬券下手であるかを物語っています…。

レースを終えて引き上げてくるとき、感極まった川田ジョッキーはゴーグルを外すことができなかったのでしょう。テレビ観戦していた僕と妻が思わず泣いてしまったのは、午前中に映画「世界から猫が消えたなら」を観て涙腺が緩んでいたからではありません(たぶん)。観客にゴーグルや鞭を投げて派手に喜びを爆発させるのではなく、謙虚におじぎする川田ジョッキーのその姿にますます好感度が上がりました。



さて、僕が川田将雅のことを初めて知ったのは、ちょうど10年前のこと。

その頃の僕は一口馬主を始めたばかりで、出資馬はシルククルセイダーただ一頭でした。

そのクルセイダーは3月末の芝の未勝利戦でデビューしたものの、結果は18頭立ての15着と散々なものでした。

こんなものかと落ち込むのもつかの間、次走は中一週でダート1800mに決まりました。

当時、会社の仲間で競馬好き、しかも馬券をよく当てるFくんにクルセイダーのことを話すと、ジョッキーは誰かと聞かれ、「前走は服部、こんどは川田っていう減量ジョッキーだってさ(また知らないジョッキーかぁ…)」と答えると、「川田ですか!鞍上強化ですね!期待できますよ!」と言われました。

そんなにすごいの?このジョッキー??と半信半疑のまま迎えた次走、クルセイダーは16頭立ての13番人気。当時はグリーンチャンネルも契約しておらず水道橋のWINSまで妻と応援に行きました。

大画面で観戦していると、3〜4コーナーで見事な捌きで外に持ち出し、上がってくるのは川田将雅とシルククルセイダー。みるみる前を捉えにかかる。「クルセイダー、伸びろー!」ついつい声が出たところで2着でのゴールでした。

すごいなこのジョッキー。コーナーでの捌きも抜群だし追えるし、Fくんの言う通りだな、と関心しました。

次のレースでシルククルセイダーは再び川田将雅に導かれて見事に勝ち上がり、その後オープン馬まで上り詰めました。

crusader_kawada_mikan.jpg
(シルククルセイダーと川田将雅とみかん。未勝利、500万下を勝ったときにクラブからプレゼントされたクオカードと一緒に撮影。)



「川田将雅」をネットで検索すると、父が調教師の競馬一家とウィキペディアなどに書かれていますが、それは佐賀県の地方競馬でのこと。同期で親友の藤岡祐介、グループのボス福永祐一のように中央競馬に後ろ楯があるわけではありません。それでも、人気薄の馬でも好騎乗を見せることで騎乗馬のレベルを上げていった、実力でのし上がってきたジョッキーです。

子供の頃から乗馬クラブに通い、週末は泊まり込みで朝から晩まで馬付けの日々を送った少年時代。そのときのエピソードなども書かれていて、親のように川田将雅を応援していた乗馬のお師匠さんのブログが、10年前はあったのですが、いま検索してみると見つかりませんでした。

乗馬のお師匠さんは、JRAデビューから3年目で安田隆行厩舎から所属を外されてフリーにならざるをえなかった川田を心配し、そのブログで安田隆行先生に物申すほどでした(恵まれた後ろ盾があるわけではなく厩舎に所属せずフリーになることは、その当時の川田にとってはマイナスでした)。

乗馬のお師匠さんは、川田将雅のダービー勝利、5大クラシック完全制覇にきっと大喜びしていることでしょう。ブログがあればその様子が伺えると思ったのですが、見つからなくて残念です。

川田は馬のことをよく「この子」と呼びますが、乗馬をやっていて馬が好きな人は、馬のことを「この子」とかそんなふうによく呼びます。馬と近しく生きてきた、馬が大好きな人だからこそ出てくる言葉なんだと思います。川田将雅の勝利ジョッキーインタビューは、「この子が勝ててよかった」、「今後もこの子を応援してあげてください」と、いつも馬優先で、自分がうまく乗れたから勝てたなんてことは一言も言いません。もちろん今回のインタビューも、自分がダービーを勝てたことではなく、マカヒキがダービーを取ってくれて嬉しくホッとしていると、いつものように馬優先で謙虚な素晴らしいインタビューでした。

馬が大好きで、馬のことを一番に考えている川田将雅がダービージョッキーになれて本当によかった。これからも馬優先主義で、変わらずにいてほしい。そしていつかまた我が家の愛馬にも乗ってほしいです(シルククルセイダー以降、乗ってもらったことがないので…)。

川田将雅ジョッキー、ダービー制覇おめでとうございます!
感動をありがとうございました!

明日はダービー

明日は日本競馬の最高峰レース、日本ダービーが行われます。

一般人にとって日本で一番大きなレースは、年末に行われる暮れの大一番、有馬記念かもしれません。

しかし昔から、競馬に関わるホースマンにとって一番大きなレースは、この日本ダービーと言われています。

ダービーが開催される頃になると、岡田繁幸さんがダービーの有力馬を解説して番付を発表するという番組が、グリーンチャンネルで放送されます。

岡田繁幸さんは、マイネル・マイネの冠名でおなじみのビッグレッドファームの前代表であり相馬眼の天才で、岡田総帥と呼ばれています。

この岡田総帥の馬体診断は、見ていてとても面白いのです。

一度、うちのみかんの兎体(音読みだと「とたい」? かわいいので「うさたい」とあえて読みます)を診断して欲しいなと、妻とよく冗談で話しています(妻の方が、診断を熱望しています)。

うさ体(側面・左馬ならぬ左うさ)
mikan_yoko.jpg
※ポイント:トモ、後肢、飛節、背と腹、肘付き、前肢、首差し、肩、繋ぎなど


うさ体(前から)
mikan_mae.jpg
※ポイント:胸前の作り、脚の角度など


うさ体(後ろから)
mikan_ishiro.jpg
※ポイント:臀部の作り、脚の角度など(見えない…)


(期待するコメント)
このうさぎ、筋肉量は少ないけど、バネがすごいね!バネが!!そしてすごく柔らかい筋肉を持っている。だからこの瞬発力を発揮できるんだね。バランスもいいね。飛節がグーンと伸びるから、最後もバテることなく、お布団山をひとっ飛びできるんだね。

(実際に予想されるコメント)
うさぎは専門外なのでわからないなぁ……。


さて、冗談はここまでにして、岡田総帥の番付では、1位ディーマジェスティ、2位マカヒキ、3位サトノダイヤモンドでした。

僕の本命リオンディーズは5位。岡田総帥はリオンディーズについて、勝ち切るまでは難しいと言っていました。

しかし2014年のダービーのときワンアンドオンリーについて、勝つイメージが描けない、ようなことを言っていたけどワンアンドオンリーが勝ちました。

馬体だけではなく、そのときの展開や状況で結果が変わるのが競馬。なので岡田総帥がなんと言おうとリオンディーズの単勝馬券を買って応援しようと思います。

最近はほとんど馬券を買わなくなりましたが、ダービーくらいは馬券を買ってみようかと。単勝500円くらいは買ってみようかな。

ちなみに、リオンディーズを推す理由は、ハイペースの皐月賞で先行して4着(降着で5着)に残ったことです。後ろからきた1着のディーマジェスティと2着のマカヒキの方が派手さがあって強そうに見えましたが、負けたリオンディーズも力のあるところを見せてくれたと思います。デムーロ2年連続のダービー制覇なるか。

A Horse's Prayer
馬の祈り
プロフィール

(↑クリックすると口取り写真)

Author:やたん
妻とうさぎとの3人暮らし。
馬、うさぎ、お得(ポイント貯めたりとか)が好きです。
紹介ポイントを稼いで
引退馬のために使うことを目論んでいます(笑)。

(↑クリックすると拡大します)
うさぎ:みかん
性格:甘えん坊、好奇心旺盛、食わず嫌い
種類:ネザーランドドワーフ
性別:女の子
色:オレンジ
体重:1キロ未満
好きなもの:おやつ
趣味:登山(常に高みを目指しています)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ふるさと納税
書籍紹介
馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録~
馬の命を守れ!
~引退馬協会活動記録~
認定NPO法人 引退馬協会
税・送料込
¥1,800

自費出版・書店取扱なし
認定NPO法人引退馬協会2018年フォスターホースカレンダー
2018年
フォスターホース
カレンダー
認定NPO法人 引退馬協会
税込
¥800
送料
¥100

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を
捉えました。















ポイントサイト紹介
愛馬出走予定
現役愛馬一覧はこちら
  • リミットブレイク
10/21(土)09:50 新潟 1R
 または
10/22(日)11:15 新潟 4R
障害未勝利 芝2,850m
五十嵐雄祐
  • カラレイア
11/3(金・祝)12:25 発走
京都 5R 2歳新馬 芝1,400m(牝)
藤岡康太
  • スペシャルギフト
11/26(日)14:40 発走
京都 10R 渡月橋S 芝1,400m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ