術後3日目(みかん避妊手術 術後の経過)

2017年3月20日(月・祝)、みかんの避妊手術をした日の3日後(術後3日目)の記録です。

この日は、朝からとても元気です。

動きにもキレが出てきて、ベッドやソファーに上ったり、カーテンで遊んだりします。


【みかんベッドから飛び降りる】




IMG_6641.jpg
(ソファーに上る)


【みかんカーテンの裏に入る】



【みかんカーテンの裏から出てくる】




朝から牧草(うさチモ1番刈り)をもりもり食べてものすごい食欲です。

IMG_6624.jpg
(うさチモ1番刈りを食べる)


みーままの母がお見舞いにきてなでなでしましたが逃げません。

うたっちしておやつをねだったり、みーままの足に「足なでしてー♪」と寄ってきてペロペロしてくれます。

IMG_6604.jpg
(クランベリーをおねだり)

しかし、やたんのことをペロペロはしてくれません。実は手術当日、みかんはキャリーに入るのを渋ったのです。最近は、やたんが車を準備している間にみーままがキャリーに入れていたのですが、その日はすんなりキャリーに入らず、やたんが強引に抱っこしてキャリーに入れました。その際、1回目の抱っこに失敗し、みかんはキーッと悲鳴をあげて逃げ出し、2回目の抱っこでキャリーに入れることができたのです。そのときのトラウマがまだ残っているのでしょうか、心の傷は完全には癒えていないようです。完全には、というのは、足元にはきてくれるのですが、うさぎ部の活動としてのマッサージができるまでにはなっていないからです。

この日で3連休は終わり。みかんの手術日を含めての4日間、みかんとずっと一緒に過ごした4日間もこの日で終わり。つぎの日から普段の日常に戻ります。この日の夜から、いままでどおり、就寝時間はケージに入ってもらいました。

IMG_6654.jpg
(久しぶりにケージに入る)




避妊手術については賛否両論あると思うので、絶対やった方がいいと勧めるわけではありません。

この病院も「避妊手術しましょう!」とぐいぐい勧めるわけではありません。いろいろと相談に乗ってもらえますが、最終的には家族全員が納得して決めるべきというスタンスを取っています。なので悩んでいたら相談に行ってみるのもよいかもしれません。

手術のケースもうさぎさんそれぞれで異なることがあると思います。うちの子の場合は病院が家から30分圏内なので日帰りできましたが、遠方から来院する場合は移動が負担になるので1泊入院したり、また術後の状態によってはすぐに帰れないことだってあると思います。

みかんは心身ともに絶好調なときに手術したので回復がこんなに早かったけど、回復のスピードもうさぎさんそれぞれで異なると思います。

うさぎのしっぽでも紹介している某病院で避妊手術した一例としてブログに上げましたが、同じように悩んでいる人たちに何か少しでもお役に立つことがあればいいなと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みかんちゃん、身体的に元気になれば、精神的なものは自ずとついてくると思います(^^)本当に嫌だったら、足下にも行かないと思いますよ!昔のはぐがそうでしたから(≧∀≦)

抱っこする時は、やっぱりケージの中が安心かもしれませんね。逃げ道があるから逃げる訳ですから、逃げ道がなければいいという、単純な考えです(笑)その時の状況を見ていないので何とも言えないですが、もし外に出ていても、いつでも抱っこ出来るように、必ず追い込める場所を作っておくと楽だと思います。そこに追い込めたら、うさぎさん自身が覚悟を決められる場所ですね!
ウチにはそういう場所が部屋に2箇所、設けてあります(笑)とは言っても、はぐの場合、最近はそこを使うこともないですが……あ、「はぐ!待て!」とか「ダメ!」とか私が本気で言えば、彼女はその時の行動をやめるしかないですから(^_^;) 飼い主が怖いのかしら(笑)?
でも、体調不良や、すぐに私には分からない不調を抱えている時には、やっぱり触られたくない時も出てくると思うんです。そんな時には、その場所に上手に誘導して、優しく助け出してあげる……そういう考えです(^^)あ、その退避場所って、みかんちゃんの今使っている安息の場所はやめた方がいいと思います。あと、周囲の状況(飼い主の行動や表情が分かりにくい)トンネル的な所も。
ウチにはベッドとクローゼットの間の通路のような袋小路があるのですが、実は奥のクッションを上るとベッドの上に行かれるようになっているんです。普段から遊んでいる場所なので、閉じ込めている感じにはならないようです。パニクったり、助けて欲しい時には、階段替わりのクッションにおしりを向けて待ってくれます。もう1箇所は、例のお馬さん達がいる農場の中です。あそこは落ち着く場所ですが、狭いので、隠れるほどのスペースはなく、常に私の方を見ていられるので、私が助け出そうしても前から手を出せるので、それ以上、パニックになることはありません。あとは、最終的に逃げ込むケージの中のトイレです。あ、3箇所ですね!

助け出してあげるって、いい考え方ですよね!ウチは「捕まえる」じゃなくて、「助けてあげる」を使います(笑)だから、外で何かに怯えて逃げ隠れした時にも、はぐには「はぐ偉いね!はぐがちゃんと待っていてくれたから助けてあげられたよ!」と笑顔で伝えて、頭にキスをしてあげるようにしています(^^)

まぁ、なかなか難しいかもしれませんが、混乱した時に、ここにいれば助けてくれる、という場所を作ってあげて、そこに誘導?いや?実際には追い込むみたいな時もあるけれど(^_^;)、そこに行ったら飼い主が必ず助け出してくれる=いいことがある!と覚えてくれると、きっとこれからもっともっと楽になると思います(^^)

能天気な我が家の方法でした(笑)

No title

さすがへたうまさんの読みごたえある長ーいコメントがはいってる!ほおほおなるほど~
で!私のはもちろんめちゃ短いコメントです(^▽^笑)
みかんちゃん、もう全然平気みたいでよかったです!術後は食欲落ちたりちょっと心配でしたがこんなに元気に普通通りの生活送れるんですね~やっぱり都会の病院いいなぁ、まだまだうさぎの医療は遅れてるといってもそれでも少しずつでも進歩してる、それを一番得ることができるのはやはり都会の病院、ドクターで。しかもこちらが選ぶことができる。田舎はなかなか難しいです。技術の進歩にたいしてはドクターの姿勢に関係するところも大きいでしょうけど、選ぶほどないというところはどうしようもないです。他県や都会にまで行かれる方の話も聞きますがなかなかね~
おや!?こんなことで長くする予定ではなかった!
うちははぐちゃんみたいに言葉が通じるうさぎではないのと(>w< )へたうまさんのように信頼関係を築いてもいないので(^▽^笑)病院とか必ずお出かけする日はケージから出しません( ̄ー ̄)ニヤリ。以前先にへやんぽさせててキャリーに入れるためにぼたんと追いかけっこになったことがあって、ぼたんもキャリーが出てるから病院ってわかってて逃げ回って、どこかに引っ掛けて爪を折ったことがあるのです。それ以来、ケージから抱っこで出して直接キャリーに入れるようにしています
あらぁ、ほんとに長くなっちゃいました(≧∇≦)さすが天気が大荒れ!と言われてる日ですね、私のコメントがこんなに長いなんて!(^▽^笑)

へたうまさんへ

(みーまま)
わあo(^▽^)oこんなに詳しくいろいろ書いて下さってありがとうごさいます。

逃げ道!その通りです。我が家にはありすぎるのです。だから戦いが長引くとお互いが消耗してしまいます。
追い込める場所が作れないのであればやはりケージの中なのでしょうね。

助け出してあげる!いいですねー(^-^)
飼い主が必ず助け出してくれる=いいことがある!→覚えてくれる。
信頼につながる道ですね。そうなりたいなあ。難しいけれど。頑張ろう、みかん。

(やたん)
やはり追い込める場所があったほうがいいんですね。へたうまさんちのお馬の農場が実は追い込める場所だったなんて(笑)でもいまのはぐちゃんにとっては追い込むという目的では不要な場所ですね(^^) うちのいまの間取りと家具の配置だと、どうしてもみかんが逃げ出せてしまうので、何か考えたいと思います。いろいろとアドバイスありがとうございます!
助けられる場所を作りたいところですが、こんど病院にいくときも、車の準備が終わった時にキャリーに入っていなかったら、みかんをファンブルすることなくサッカー日本代表の川島のようにしっかり捉えたいと思います。目指せ無失点!

ぼたん母さんへ

(みーまま)
わあ♡長コメありがとうございますo(^▽^)o

そうですね。病院が数あり、選べるということ。行ける範囲に行きたい病院があることは本当にありがたかったです。

ぼたん母さんのおうちのケース、うちに似てまーす(^-^)以前はよく逃げられて全員消耗してしまいました。

うちはキャリーに慣れさせるために常に出しっぱなのですが、手術の日、野生の勘でしょうか、すんなりと入らなかったのです。
ここ最近はおやつでつるというずるい手段が功を成していたのですが、私の心のびくびくに気づいてしまったかのように入ってくれませんでした(>_<)

(やたん)
うさぎを専門的に診られる病院が30分圏内に複数あるという地の利はやはり大きいと思いました。
やっぱり、うちはぼたん母さんのところに近いなぁ。呼べばくると思っていたみかんもいまではこなくなりました(^^; みかんも外出前に引っ掛けて爪を折ったことがあります(>_<)
お出かけする日はケージから出さない。うん、うちもそれがいいのかも。

A Horse's Prayer
馬の祈り
プロフィール

(↑クリックすると口取り写真)

Author:やたん
妻とうさぎとの3人暮らし。
馬、うさぎ、お得(ポイント貯めたりとか)が好きです。
紹介ポイントを稼いで
引退馬のために使うことを目論んでいます(笑)。

(↑クリックすると拡大します)
うさぎ:みかん
性格:甘えん坊、好奇心旺盛、食わず嫌い
種類:ネザーランドドワーフ
性別:女の子
色:オレンジ
体重:1キロ未満
好きなもの:おやつ
趣味:登山(常に高みを目指しています)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ふるさと納税
書籍紹介
馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録~
馬の命を守れ!
~引退馬協会活動記録~
認定NPO法人 引退馬協会
税・送料込
¥1,800

自費出版・書店取扱なし
認定NPO法人引退馬協会2018年フォスターホースカレンダー
2018年
フォスターホース
カレンダー
認定NPO法人 引退馬協会
税込
¥800
送料
¥100

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を
捉えました。















ポイントサイト紹介
愛馬出走予定
現役愛馬一覧はこちら
  • リミットブレイク
10/22(日)11:15
新潟 4R 障害未勝利 芝2,850m
五十嵐雄祐
  • カラレイア
11/3(金・祝)12:25
京都 5R 2歳新馬 芝1,400m(牝)
藤岡康太
  • スペシャルギフト
11/26(日)14:40
京都 10R 渡月橋S 芝1,400m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ