ピーターラビット展(ポター生誕150周年)2016年9月

ピーターラビットの作者、ビアトリクスポターの生誕150周年を記念して渋谷で開催されている、ピーターラビット展に行ってきました。

potter_ticket_mikan.jpg

みかんのご先祖様(フロ・モプ・コットン)に会いに行ってくるので留守番よろしくね。

rippani_rusuban_mikan.jpg
↑みかんは立派にお留守番(お出かけ中のiCamキャプチャ画像)

僕がいちばん印象に残ったのは、ピータロー兎。

ピータロー兎というのは、昔の日本がポターをパクった作品です。

登場人物(うさぎ)が、太郎、二郎、三郎、ピー太郎で、砂山の松の木の下にお母さんと一緒に住んでいたうさぎたちのお話で、作者はポターではなく日本人の誰か。

フロプシー、モプシー、コットンテールがなぜか太郎、二郎、三郎と男になっていて、ピーターがピー太郎というのは、笑わずにはいられませんでした。

昔の日本は、海外作品の著作権とか考えなかったんでしょうか。

会場はやはり女子が多かったです。男子は付き添いですね。

そんなわけで、今回のレポートは、妻みーままに譲ります。

では、みーままさん、どうぞ!



はじめまして、みーままです。
今回は女子目線?レポがよいとのことで書かせていただきます(^_^)

peter_rabbit_museum.jpg

土曜日の午前中に行ったのですが結構混んでいました。でも午後1時位になると少し空いてきました。

ピーターラビットの誕生、絵本シリーズの世界、ビアトリクス・ポターの人生と分かれていて、たくさんの直筆原画やポターの私物が展示されていました。「ピーターラビットの暦」の原画など初めてみるものも。
ポターがデザインしたシュタイフ社のピーターのぬいぐるみもあり見ていてとても楽しいです。
会場内を何度か往復し、ピーターラビットの世界を満喫♡うちにある本をもう一度読んでみたくなりました。

そして、来たからにはグッズを見るのも楽しみ♪
思ってたよりたくさんのグッズがあったのですが、絶対買おうと心に決めていた近沢レースのハンカチは品切れでした。(o_o)ショックー。

あれもこれもと欲しいものはありましたが、長々とグッズコーナーにいたくせに買ったのはこれだけ。

peter_rabbit_goods.jpg
クリアケース・缶入りラムネ・マスキングテープ

お気に入りはポターが9年間一緒に暮らした「ピーター・パイパー」の素描のポストカード。
なかなかシブいです。



せっかく若者の街(死語?)に来たので、今人気の奥渋谷方面に行ってみました。

Fuglen_Tokyo.jpg

フグレン トウキョウ(Fuglen Tokyo)有名みたいです。
コーヒー飲んでみたかったけどお客さんでいっぱい。


前から来たかった富ヶ谷のパン屋さん365日でパンを買い
その姉妹店のカフェ15℃でコーヒーを飲んで帰りました。

15C.jpg

パンもコーヒーもとってもおいしかったです。おしまい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やはり土日は少し混んでましたか。
でも楽しまれたようでよかったですね!(^^)!

あのパクリコーナーは私も忘れられません。
何の断りもなく日本人の作者の名前が書いてありましたね(^-^;
よその国のこと言えないですね~。

テープとクリアファイルはお揃いですね♪
ラムネとポストカードもいいなぁ!(笑)

鍵コメさんへ

(やたん)
そうそう、たしかそんな名前の人だったかなとコメント頂いてからいろいろ調べてみたんですが面白くて面白くて(笑)
記事1つかけるくらいの量になってしまったので、追記かパート2として書きたいと思います。
日本で初期に翻訳された作品は3つ展示されていましたが、ショーケースに入っていてページをめくることはできないので、1ページ目しか見ることはできませんでした。
3つのうち1つは紙芝居ですが、太ったハゲた爺さんとこれまた太った猫の真ん中にジャケットが吊るされている絵が展示されていて、やはり笑撃を受けました(笑)

まじめな話をすると、今回のピーターラビット展は、ポターの私家版(自費出版)の 『ピーターラビットのおはなし』の原画44点がフルセットで来日するという貴重な展示会のようです。

原画の保存状態を保つため、会場は冷房が強めに効いていて、ブランケットの貸し出しも行っていました(でも借りてる人は見かけませんでした。ぼくは持参したパーカーを着て見学しました)。

みかんはモプシーの子孫かなーとか、やっぱりコットンテールかなーとか、適当なことを考えています。サッカーのオランダ代表の試合のときには「ネザーランズだよ、みかん」といって原産地を応援したりもします(笑)


(みーまま)
きっと、行かれているのではと思っていました(^-^)
実際に見てみたいです。
そうそう、最初の子はベンジャミンですよね。いろんなお話し聞いてみたいー♪ピーターは結構なお値段がしたそうですね。

ナオミさんへ

(やたん)
あの日の朝、急いで楽天カードの記事を上げてから家を出たんですが、ちょっとなめてました。あんなに混んでるならもっと早く出て10時の開場に間に合うようにすればよかったです。

パクリコーナー、ナオミさんも印象に残ったんですね。
壁にかかっていた新聞記事には、著者名は「○○」とだけ記されていた、とあり、ポターのポの字も書かれていないので、日本も昔はこんなことしてたんだなー、よその国のこと言えないなーと思いました。

それ以外にも、実は「りすのナトキン」の話の内容を知らなくて、原画で物語を初めて読みました。しっぽを帆にしていかだで進むなんてなんてすごいやつらなんだと感動しました。

(みーまま)
マスキングテープとクリアケースは実用的ですよね。デザインも良いしー。ナオミさんとおそろー♡と飛びつきました。
ラムネはケースもかわいいのですがラムネにもピーターの絵がちゃんとついてます。
ポストカードはひとめぼれでした。

A Horse's Prayer
馬の祈り
プロフィール

(↑クリックすると口取り写真)

Author:やたん
妻とうさぎとの3人暮らし。
馬、うさぎ、お得(ポイント貯めたりとか)が好きです。
紹介ポイントを稼いで
引退馬のために使うことを目論んでいます(笑)。

(↑クリックすると拡大します)
うさぎ:みかん
性格:甘えん坊、好奇心旺盛、食わず嫌い
種類:ネザーランドドワーフ
性別:女の子
色:オレンジ
体重:1キロ未満
好きなもの:おやつ
趣味:登山(常に高みを目指しています)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ふるさと納税
書籍紹介
馬の命を守れ!~引退馬協会活動記録~
馬の命を守れ!
~引退馬協会活動記録~
認定NPO法人 引退馬協会
税・送料込
¥1,800

自費出版・書店取扱なし
認定NPO法人引退馬協会2018年フォスターホースカレンダー
2018年
フォスターホース
カレンダー
認定NPO法人 引退馬協会
税込
¥800
送料
¥100

予約受付中!
フォスターホースの
生き生きした表情を
捉えました。















ポイントサイト紹介
愛馬出走予定
現役愛馬一覧はこちら
  • リミットブレイク
10/22(日)11:15
新潟 4R 障害未勝利 芝2,850m
五十嵐雄祐
  • カラレイア
11/3(金・祝)12:25
京都 5R 2歳新馬 芝1,400m(牝)
藤岡康太
  • スペシャルギフト
11/26(日)14:40
京都 10R 渡月橋S 芝1,400m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ